海面に漂うペットボトルやポリ袋を自動で回収する装置の紹介

世界中で、海面に漂うプラスチック製品のゴミが問題となっております。
素晴らしいことに、この海面に漂っているペットボトル、ポリ袋等を自動で回収する装置について特許(第6589162号)されましたので、紹介させて頂きます。
自然環境改善に興味のある会社様、社会貢献事業として実施協力をお願いします!

発明の名称:「液体の表面に漂っているごみを回収する装置」
発明の内容:本装置は、ゴミ回収口及び中に入ってきた海水を外に出すポンプ(A)を有する容器(B)と、この容器が沈んでしまったりしないように、上下動可能に支持するフロート部(C)と、で構成されています。

この装置を海に浮かべ、ポンプ(A)を動作させると、容器(B)の中の海水が減り、浮力で上昇してゴミ回収口(D)が開き、周りの海水をゴミと共に容器内に導き、海面に漂っているゴミを回収します。
ポンプ(A)の動作を停止したり、ゴミが溜まってくると、容器(B)は沈み、ゴミ回収口(D)を閉じてしまうように構成されています。
この装置の利点の1つは、ポンプが故障しても、集めたゴミを再び外に吐き出したりしない構造になっている点です。
集めたごみは、容器(B)の上側から網ですくって回収できます。予め、網を取り付けておけば、それを持ちあげるだけで回収できます。
また、本図には、詳しく示していませんが、中に海水には浮くが、重油には沈む比重のフロートスイッチを備えておき、重油を回収した場合には、重油でポンプが詰まったりしないように、ポンプを自動停止させる構成についても、権利化されています。
本発明の装置は、様々なスケールで製造可能で、海上だけでなく、湖、池、貯水槽、プール掃除等に使うことができます。

簡単な試作品を作り、実際に動作させている動画があります。実際の動作に興味のある方は、是非ご覧ください。
試作品による動作確認(その1)
試作品による動作確認(その2)

海で試作品を動かしてみました!波に揺れたりしますが、ちゃんと動作しています!是非ご覧ください!

試作品による海での動作確認

世界中で、海面に漂っているプラスチックごみの回収が課題となっています。先ずは、試作品を作って、漁港など比較的小さなエリアの掃除から実施できたらと思います。
社会貢献事業として注目され企業のイメージアップに繋がると考えられます。この場を借りて、実施協力頂ける方を募集します。

踏板(足を載せる板)の高さを自由に調節可能な階段の発明を紹介します。

大森特許事務所のお客様の発明を紹介します!
株式会社松下工作所 代表取締役松下寛史様
特許第6400876号 発明の名称:「階段と、当該階段に用いる摺動保持具」
出願日:平成30年7月25日 登録日:平成30年9月14日
発明の内容:踏板(足を載せる部分)の高さを自由に調節できる階段の発明です。
実際の施工例の様子を知らせて頂きました!1本桁の美しい外観、重い荷重にも耐える発明独自の構成、そして、均等な間隔の踏板(ケアゲ)の様子を確認してください!

説明:住宅、ビル建設時、下の階だけでなく、その上の階の施工を同時に行う場合、各階の床面の基準高さが定まる前、即ち、床面下のコンクリート床の面しか定まっていない時に、階段を取り付ける必要があります。
(従来の桁階段の斜視図を示します)

床面の基準高さは、フローリング仕上げにするのか、絨毯を敷くのか、更には、床下暖房設備を敷くのか、等によって変わります。更には、様々な都合で、途中で仕様変更される場合もあります。
階段の桁に取り付ける踏板の間隔は、均一であるのが望ましいですが、各階の床面の基準高さが予想値と異なると、最初の踏板の高さが、高すぎたり、低かったりしてしまい、見た目だけでなく実際の使用時につまずいたり、踏み外したりする危険もあります。
一度取り付けた踏板の位置を変えると、桁の部分にねじ留め痕が残り、外観美が損なわれるだけでなく、強度上の問題も生じていました。
本発明は、フレーム材に、独自開発の部品(滑り止めナット:摺動保持具)を用いることによって、踏板の位置を自由に調節可能にし、施工業者の利便を図るだけでなく、踏板の位置を変えても桁等に傷を残さない独自の構造を取り入れたことによって、施工主に綺麗な製品を納めることができる、という効果を奏するものです。
(本発明の桁階段の斜視図を示します)


(取り付け方法を示す図(特許公報からの引用)本図には詳しく示していませんが、滑り止めナットには発明独自の工夫が施されています!)

本発明の階段は、踏板の位置を調節可能にしただけでなく、万が一、何らかの理由で部品の取付が緩んだ時であっても、踏板がずれ動かないようにする安全部品(図面の参照番号20の部品)も備えており、安心安全に利用して頂ける細やかな配慮が施された逸品になっております。

2020年6月新規施工例の写真を頂きました!

見事に間隔が均一ですね!
建築関係の方、これから家やビルを建てようとお考えの方を含め、本発明の階段に興味のある方は、是非お問い合わせください。
お問い合わせ先

乗り物による事故を防止する発明を紹介します(特許第5997410号)

皆様こんにちは!
乗り物による事故防止に関する特許発明を紹介します(特許第5997410号)。
体調不良、又は隣にいる乗客からの運転妨害によって運転不能となり、車が人をはねたり、店に突っ込んだりする事故が発生しています。
本発明は、乗り物の運転者の大きな姿勢変化を検知し、運転者に安否確認をとり、返事が無ければ、直ちに異常発生検出信号を出力し、返事があった場合は、定めた時間だけ、それまでよりも感度を高くして検知を行う、という運転者異常発生検出器、及び、この検出器を備えており、異常発生検出信号の出力に応じて乗り物を停止させる安全装置に関します。
本発明に係る安全装置を備えていれば、例えば、乗客から運転妨害を受けたバス、タクシー等の運転手が、事故を起こすことを防げると思います。
実施に興味のある地方公共団体、企業様は、特許公報を確認の上、大森特許事務所に問い合わせをお願いします。
問い合わせ先