「中小企業のためのオリジナル商品開発ガイド(わくわくできる将来のビジョンを得るため!!)」のセミナーを行いました。

平成29年10月6日東大阪クリエイションコアで日本弁理士会近畿支部第1事業部の委員として
MobioCafeセミナー「中小企業のためのオリジナル商品開発ガイド(わくわくできる将来のビジョンを得るため!!)」を開催させていただきました。
例えば、発明者様は、特許取得してから実施して利益を上げるまでのビジョンを決める際、自社の強み弱みを客観的に分析して考慮されているでしょうか?
本セミナーでは、会社の強みを見える化して、少ないリスク及び設備投資で副収入となるオリジナル商品開発をするための手法について説明を行いました。
セミナーの内容は、
A立案・コンセプトの決定
B具体化・プロダクトデザイン決定
C製造手法の決定
Dネーミング・パッケージング
E販売手法の決定・ブランディング
Fサービス・アンケート調査に基づく改良
Gその他(周辺技術の保護)、知財キャラバン及びINPIT近畿統括本部のご紹介
で構成されていました。
項目Aでは、自社の強みを客観的に見つけ、自社の強みを活かした商品アイデアを見つけるための知財経営コンサルティング手法の説明及びモデルケースを用いた分析結果の紹介を行いました。
項目Bでは、自社の強みを活かした商品アイデアについて、特許調査及び出願、特許と実用新案の使い分け方、意匠調査及び出願、マーケティング調査の方法について説明を行いました。
項目Cでは、クラウドファンディング会社を選ぶ際の注意点、ライセンス契約で注意すべき事項の説明を行いました。
項目Dでは、キャッチーなネーミングの作り方と商標登録の受け方のコツ、商標と意匠の使い分け方について説明を行いました。
セミナー時間は90分でしたが、92ページ分のパワポ資料を準備し、実際の分析結果、特許及び商標の登録例、契約書類の具体例等を挙げて分かり易く説明しました。
このセミナーが、知財保護の大切さと知財経営コンサルティングの有益性の理解につながり、わくわくできるオリジナル商品開発のきっかけとなってくれれば幸いです。参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。